デトックススープ アレンジ

MENU

ダイエットを挫折したくない方へ。絶対飽きないデトックススープのアレンジ法!

デトックススープは医療現場で開発された心臓病の負担を減らすための食事療法でした。

 

心臓病患者が肥満だと手術ができないので、健康的に痩せる食事メニューとして考えられたデトックススープは今では一般の方々でもチャレンジできるダイエット食として話題になりました。

 

今でも定期的にデトックススープを使ったダイエットをしている方は多く、ダイエット法は流行り廃りが激しいのに、こんなにも長く残っているということは、本当に効果があるダイエット法という証明ですよね。

 

そんなデトックススープダイエットに挑戦した人も多く、多くの方が健康的に痩せることができましたが、中には途中で挫折してしまった…なんて方も少なくないのです。

 

挫折の理由に1番多いのが「味が飽きた」という口コミでした。

 

確かに基本のデトックススープは野菜本来のうま味を大事にしていることもあり、調味料によってはカロリーが多い物もあるので、シンプルな味付けです。

 

そのため、ずっと続けるとなると、さすがに飽きてしまって、ストレスが溜まってしまい、挫折して、その反動で食べ過ぎてリバウンドに…

 

デトックススープはきちんと続ければ、しっかりと体重を落とせるダイエット法なので、出来るだけ長く続けてほしい。

 

そこで、もう挫折しない!デトックススープのおすすめのアレンジ法をお教えします。

 

 

<基本のデトックススープ>

 

材料(8杯分)

 

・玉ねぎ 大3個
・セロリ 1本
・キャベツ 1/2個
・トマト 大3個(400gのホールトマト缶でもOK) 
・人参 1本
・ピーマン 1個
・水 3リットル

 

●鰹節 10g
●鶏がらスープの素 小匙1
●コンブ 5g
●しょうが 1片
●塩 少々

 

レシピ

 

@ 野菜を自分好みのサイズに切ります

 

A 鍋に切った野菜と●を入れて、煮えたらできあがり

 

たったこれだけなので、料理があまり得意じゃなくても、これなら誰でも簡単に作ることができますね!

 

基本のデトックススープももちろん美味しいのですが、長く続けていくためにもいくつかのアレンジ法を知っておくと無理なく続けられますよ!

 

それではデトックススープのアレンジレシピをご紹介します。

 

 

<アレンジ1 豆乳>

 

材料

 

・デトックススープで使う野菜

 

・豆乳400cc

 

・薄口しょうゆ 少々

 

最初にご紹介した基本のデトックススープを水ではなく、代わりに豆乳を使うことで、クリーミーさが出て、野菜が苦手という方でもとても食べやすいです。

 

お子様も美味しく食べられます!

 

 

<アレンジ2 カレー風味>

 

・デトックススープ 3杯分
・カレー粉 大匙1
・玉ねぎ 1個
・ニンニクチューブ 2cm
・めんつゆ 大匙3
・塩コショウ 適量

 

タマネギをすりおろし、電子レンジで加熱したら、鍋にデトックススープと他の材料を全て入れて煮るだけととても簡単です!

 

カレールーを使ってしまうと、カロリーが一気に増えてしまうのでNGです。

 

カレー粉を入れるだけでがらりと風味が変わります。

 

 

<アレンジ3 キムチ>

 

・デトックススープで使う野菜
・キムチ お好み
・長ネギ お好み
・豆腐 お好み

 

基本のデトックススープを作ったら、キムチと長ネギ、豆腐を加えて煮るだけです!

 

発汗作用があるので、血行促進され、むくみ改善、美肌にも効果的です。

 

キムチに含まれているカプサイシンが余分な脂肪を燃焼してくれます。

 

キムチを入れるだけでも、味は全く変わり、韓国風になるので、キムチはアレンジにもってこいですね!

 

もっと辛みが欲しい方は豆板醤を入れてもOKです。

 

 

デトックススープのアレンジは思っていたより簡単で試しやすいので、もういつもの味には飽きた…という方はぜひ試してみてくださいね!

 

今回紹介したアレンジ以外にもデトックススープは元々がシンプルなので、とてもアレンジがしやすいです。

 

自分好みにデトックススープをアレンジして、ストレスなく、デトックススープダイエットを続けて、理想の痩せボディを手に入れてくださいね!

 

>>Amazonよりも安く買うには? | 美甘麗茶(びかんれいちゃ)購入ガイド